ステッキアーティスト楓友子

2008年夏、私は交通事故に遭いました。

 

退院し、杖を使ってお出かけをしていたある日、

「杖ってそんなのしかないんですね。大変ですね。」と言われたことをきっかけに

私は”杖を可愛くする”ということをはじめました。

 

杖を可愛くすると、着たい服が増えました。

「かわいそうに」と言われることより

「可愛いね」と言われることが増えました。

 

そうしたらお出かけするのが楽しくなって、

人に会うことが楽しくなって、

その結果たくさんのご縁に恵まれて、

私は今、とっても幸せな毎日を送っています。

 

たくさんのハッピーを運んできてくれたステッキに

今では心から感謝をしています。

 

そして2011年、

私はステッキアーティストとしての活動を始め

【Knock on the DOOR】という

オリジナルのステッキブランドが誕生しました。

 

Knock on the DOORが生み出すステッキたちが、

1人でも多くの笑顔を生んでくれますように。

歩く楽しみと生きる希望を伝えてくれますように。

 

そう、願っております。

fuyuko

Knock on the DOOR

楓友子 fuyuko


fuyukoステッキアーティスト 楓友子fuyuko

1986年11月生まれ。 21歳のときに交通事故に遭い、脊腰椎骨折、大腸破裂などの重傷を負う。手術後、意識を取り戻したときに、「生きている」ということが奇跡的で素晴らしいことだと気づく。約100日間入院しリハビリをするが、脊髄神経も不全損傷したため右脚に不自由が残り、杖が手放せなくなる。 大学卒業後、東京都内のIT会社に入社。市販の高齢者向けの地味な杖を「かわいくないから嫌だ」と感じながらも、キーホルダーやリボンを付けて使用。知人からの「そんなのしかないんだ。かわいそう」という一言にショックを受け、杖の装飾を始める。 IT会社を退社して、2011年9月、24歳で独自ブランド「Knock on the DOOR」を立ち上げ、自身で装飾をした杖のインターネット販売を開始。事故の体験を活かし、日本で唯一のステッキアーティストとしての活動を始める。 モットーは 「毎日、”明日死んでもいい今日”を生きる」。「人生ネタ帳」。